出会い系サイトのミントCJメール(mintocjmail)アプリ体験談-予想以上にエロい女子大学生(さやか 21歳)


ミントCJメール(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのミントCJメール(mintocjmail)アプリ体験談です。

それほど女の人とのセックス経験がない私ですが、そんな私でもセックスがどうにかしてしたいもんですから、彼女かセフレかどっちか、あればいいのになんてほとんど毎日考えてました。

ナンパとかは不得意だし、私の親友達は、あんまり女友達はいないから、これも期待できません。

ということから、ウェブで検索して、出会い系サイトのミントCJメール(mintcjmail)に直ぐに登録してみました。

何を隠そう、時間をかけずに、セックスしたいと考えていましたが、最初のことだから、最初はデートからでも良いんじゃないかなと思って、まずは恋人募集してる事を掲示板に書き込みして、いくらかの時間待ちました。

見たら一人の女の人が、私の書き込みを見てメールして来ました。

私にメールして来たのは、女子大学生のさやかさん(21歳)。

さやかさんは私と同じ年齢でした。

とにかく、さやかさんと何回かメール交換した後に、LINE交換して、他愛もない会話をしながら、さやかさんとのLINEを楽しみました。

私は、さやかさんに、おいしいお店を教えてあげたら、さやかさんは、大いに幸せそうだったので、デートに誘ってみました。

ある日の日曜日に品川駅で、さやかさんと待ち合わせして、おいしいお店に、さやかさんと共に向かい、ドキドキと楽しさが入り交じるデートでした。

おなかも満杯になり、どうにかさやかさんとエッチしたいと考えていた私は、さやかさんの手を、突然握りました。

さやかさんは、私に手を握られて、ドキっとしていました。

でもこの手を握ったのが正解だったのか、さやかさんにはっきりと、エッチしたいと言ってしまった私に、さやかさんは、照れくさそうに小さくうなずきました。

手を握りながら一緒に、私の自宅へ向かい、私とさやかさんの初セックスをしました。

いつも見慣れている自分の部屋なのに、外とは別世界のように感じ、私もさやかさんも、かなりドキドキしてしまいました。

シャワーを浴びて、ベッドに寝る私とさやかさん。

キスから始まり、おっぱいや毛深いまんこを一生懸命、私は舐めました。

さやかさんは、色っぽい喘ぎ声を出して感じて、毛深いまんこは、すぐに濡れてました。

さやかさんが、自ら私のむすこを、凄まじいフェラで責めてきました。

さやかさんは、見た目とは違い、物凄くエッチで、さやかさんの意外な部分を見た一瞬でした。

さやかさんは、フェラが終了した後は、私の上に、股がって自ら上下に身体を振って、毛深いまんこを使って、喘ぎまくりながら、私のむすこを、一杯すいまくりました。

さやかさんの予想以上のエロさに、私はメチャクチャ高揚してしまい、あげくの果てに正常位でさやかさんの毛深いまんこを、ズボズボ出し入れして、さやかさんのお腹にザーメンを発射して終了しました。

後になって聞いたら、さやかさんは、相当なセックス好きで、私とのセックスも気持ちよかったと言ってくれました。

さやかさんに、また早くお会いしてセックスしたいです。

ミントCJメール(mintocjmail)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(100ポイント/1ポイント=10円なので金額に換算すると1000円分です。)がプレゼントされます。

LINEのID交換までにかかったポイント87P=870円です。無料ポイントを使用しました。

本日、満喫した出会い系サイトはミントCJメール(mintcjmail)です。


ミントCJメール(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする