出会い系サイトのハッピーメール(ハピメ)アプリ体験談-お尻が感じる看護師(あんな 27歳)


ハッピーメール(ハピメ)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのハッピーメール(ハピメ)アプリ体験談です。

ゴールデンウィークを、何事もなく過ごし、いつもどおりに私は、仕事をしていたわけですが、やっぱり、彼女欲しいなと考えてました。

私の会社は、女性は、事務員くらいしか、いないから、まず出会いがないです。

困った、と思いながら、出会い系サイトのハッピーメール(ハピメ)に初登録しました。

ハッピーメール(ハピメ)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(最大120ポイント/1ポイント=10円なので金額に換算すると1200円分です。)が貰えます。

初の出会い系サイトを体験したわけですが、かなり新鮮な感じがしました。

出会い系サイトのハッピーメール(ハピメ)の累計会員数は、1500万人です。

どんな女性と遊ぼうか、心踊らせながら、私と同じ社会人の女性を、探しました。

OLや介護士、看護師や女子大生、その他、様々な女性がいましたが、私は、27歳の看護師のあんなさんを選びました。

あんなさんは、さわやか系な女性です。

誠実さや清純な感じがあり、遊び人じゃなさそうな感じです。

あんなさんの好きな食べ物は海鮮丼です。

海鮮丼は、私も大好きです。

海鮮丼は、少し値段が張るけど、私は、たまに海鮮丼を食べに行くので、ついでに、あんなさんを誘ってみました。

平日の13時に渋谷駅に、あんなさんと待ち合わせしました。

あんなさんは、すでに、渋谷駅の改札口におり、ちょっとだけ、ビクビクしながら、あんなさんに話しかけました。

駅で、女性に話しかけるなんて、初めてでしたので、かなり緊張しました。

あんなさんも、ちょっとだけ、気が引けていて、不慣れな会話をしながら、飲食店へ向かい、海鮮丼を頼んで、一緒に食べました。

私もあんなさんも、ひさし振りの海鮮丼でした。

ほっぺたが落ちるほど、味が良かった海鮮丼です。

具がたくさん入っている海鮮丼に、お腹一杯になり、会話をしながら、ちょっとだけ、食後の散歩をしました。

この時、あんなさんを、ラブホテルへ誘導する感じで、わざとラブホテルへ、向かいながら、散歩しました。

でも、途中で、ラブホテルへ向かっている事に、あんなさんが気付きました。

ラブホテルへ向かってる事が、あんなさんに、バレてしまい、これは、失敗だと思いきや、あんなさんが、私にしたいのか、どうかを聞いてきました。

ここまで、来てウソを付いても、仕方ないと思い、もう下心も、バレてると思い、私は、正直にエッチしたいと言いました。

あんなさんはうなずき、私は、あんなさんの手を握り、ラブホテルへ消えていきました。

シャワーを浴びて、ゆっくり汗を流し、ベッドに私は、戻りました。

あんなさんも、シャワーを浴びようとしたが、私は、性欲を抑えきれず、そのまま、あんなさんの身体を、味わいました。

若干、汗ばんでた、あんなさんの身体はとても美味しくて、若干、汗ばんでる、おっぱいやまんこを愛撫されて、恥ずかしがりながらも、感じてしまう可愛い、あんなさんです。

スカートを、まくって、あんなさんのお尻を、舐めまくり、あんなさんが、さっきよりも、感じていました。

あんなさんは、どうやら、お尻が性感帯らしく、叩いたり、舐めたり、するととても高揚するします。

試しに、あんなさんのお尻を、叩いたり、舐めたりしたら、すぐに、まんこが濡れました。

あんなさんに、フェラさせて、いよいよ挿入です。

バックで、あんなさんのお尻を、叩きながら、まんこの奥深くまで、ゴツゴツ突きました。

あんなさんは、めっちゃ感じて、喘ぎ声が、少し、大きくて、かなりエッチな女性でした。

あんなさんのまんこは、びしょびしょしてて、気持ち良すぎて、ザーメンを、どこに、ぶっかけて欲しいか、あんなさんに、聞いてみたら、お尻に、ザーメンをぶっかけて欲しいと即答しました。

私は、あんなさんのお尻に、ザーメンを、望み通り、ぶっかけました。

あんなさんのお尻は、私のザーメンだらけになり、あんなさんは、気分良さそうでした。

最初は、私もあんなさんも恋人募集目的でしたが、今は、お会いするたんびにセックスばかりしているので、何だか恋人と言うよりは、セフレみたいな関係です。

本日、満喫した出会い系サイトはハッピーメール(ハピメ)です。


ハッピーメール(ハピメ)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする