出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)体験談-巨乳Eカップ黒ギャル(こなつ 21歳)


PCMAX(ピシマ)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)体験談です。

私には、同じ大学生の彼女が、います。

年齢も、私と同じ、21歳の彼女なのですが、彼女とは、ほぼ、毎日一緒にいます。

彼女とのデートは、大体、家で、のんびりしています。

私と彼女の場合は、デートと言うよりは、ほぼ、セックスばかりなんです。

ある日、私は、高校時代の同窓会に参加し、久しぶりの顔馴染みと再開し、高校時代の楽しい思い出を、思いだしました。

しょうもない話やおちゃらけた話で盛り上がりました。

同窓会だから、同級生の女子も参加していました。

私の所に、一人の黒ギャルの同級生が、近づいて来ました。

この黒ギャルのここなちゃんは、私の元彼女です。

今では、互いに普通の同級生同士です。

私と同じく黒ギャルのここなちゃんも恋人が、います。

黒ギャルのここなちゃんとは、互いに好きな人が出来て、別れて、それぞれ、新しい恋人が、出来たのですが、黒ギャルのここなちゃんに対して、私は、未練がましい言い回しになってしまいますが、身体だけは、最高レベルです。

おっぱいは、デカいし、クビレもあるし、官能的な人間って感じでした。

黒ギャルのここなちゃんの身体を、好きなだけ、堪能出来たのは、もう過去の話です。

でも、久々に、黒ギャルのここなちゃんのボディラインや、巨乳を見て、私は、勃起してしまいました。

私には、彼女が、いるのに、黒ギャルの魅力に、再び、魅了されてしまいました。

そして、私は、再び、出会い系サイトを覗いてみました。

出会い系サイトで、私は、胸を躍らせながら、ギャルを中心に、探しました。

私が、望むのは、ギャルはギャルでも黒ギャルです。

黒ギャルで、更には、巨乳だったらベストですが、巨乳の黒ギャルは、かなり、見つからないだろうと、念のため気にしながら、探しました。

最低でも、巨乳じゃなくても、黒ギャルならと思い、探していたら見つけました。

ムッチムチ系のEカップの黒ギャルのこなつさんです。

年齢は、21歳で元風俗嬢の黒ギャルです。

こなつさんとメールで、会話して思ったのは、こなつさんは、基本的に、上から目線で話してきます。

ピーシーマックス(ピシマ)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(100ポイント/1ポイント=10円なので金額に換算すると1000円分です。)がプレゼントされます。

私がこなつさんとLINEのID交換までに、やり取りしたメールの回数は、8回です。

駅で、待ち合わせしたのが、夜の17時でしたので、こなつさんとのデートで、約3時間が過ぎた頃、こなつさんから前の職業の話を、歩きながら、私は、聞かされました。

こなつさんの前の職業は、風俗嬢です。

元風俗嬢のこなつさんから色々、風俗嬢の仕事の愚痴を、私は聞かされて、マシンガントークのように結構、良く喋り、聞き飽きるくらい延々と聞かされました。

それにしても、こなつさんのボディラインや、巨乳は、素晴らしい物があります。

特に、巨乳は、際立っていて、通行人の私と、同じくらいの若者が、こなつさんの巨乳を、チラ見しています。

やっぱり、おっぱいの大きい女性は、目立ちます。

私の彼女は、おっぱいは、あまり大きくないので、他の男性に、チラ見される事は、無いです。

こなつさんとセックス出来たら最高です。

そう思いながら、私はこなつさんとの、セックスを、妄想しながら、歩いていたら、こなつさんが、いきなり地面につまずき、私の方に、倒れ込んできました。

こなつさんと身体が、おもいっきり密着し、私の左手が、こなつさんの巨乳を、知らないうちに、おもいっきり、鷲掴みしていました。

服の上からとは言え、かなりダイレクトな感触でした。

柔らかくて弾力が、あって片手では、収まらない、大きなおっぱいの感触に、私の頭の中は、こなつさんのおっぱいで、埋め尽くされました。

私は、こなつさんのおっぱいの感触を、知ってしまい、もうこのまま何もせずに、帰ると言う選択肢は、こなつさんのおっぱいのおかげで、無くなりました。

こなつさんは、私におっぱいを、鷲掴みされて、少し驚いた表情をして、私を、見つめていましたが、こなつさんのおっぱいを、鷲掴みしてから、こなつさんの雰囲気や表情が変わり、キャラが、変わるこなつさんです。

もう、お互いこの先どうするかは、何も、言わなくても、分かっていました。

これから向かう場所はラブホです。

ラブホに到着してからは、服を脱いで、Eカップを見せてくれたこなつさんです。

ブラを外すと色っぽいEカップおっぱいです。

Eカップおっぱいを、揺らしながら、シャワーを浴び、健康的な巨乳に、私のむすこは、即勃起です。

こなつさんは、自分のおっぱいに自信があるようで、バスト91cmのEカップという、極上おっぱいは、やっぱりもの凄かったです。

こなつさんは、私の勃起むすこを見て、即反応しました。

いきなり、しゃがんで、私のむすこを、しゃぶり、パイズリしたりしてくれて、もの凄く気持ち良かったです。

こなつさんは、私のむすこに、欲情したようで、こなつさんのまんこは、濡れていて、私は、こなつさんのまんこに、むすこをズブリと挿入しました。

こなつさんの喘ぐ姿や表情が、色っぽく、こんな極上の黒ギャルとセックス出来るとは、私は、夢にも、思いませんでした。

こなつさんのまんこは、温かくて感度も抜群で、このままでは、中出ししてしまうと思ったので、こなつさんの顔やおっぱいやお腹、取り敢えずまんこの外で、射精しようとしたら、この時、こなつさんと騎乗位で、ヤっていたのですが、こなつさんが、私の身体に、抱き付きながら、私の耳元で、小さくセクシーな声で、そのまま中出しして、とこなつさんに、ささやかれてしまい、同時に、こなつさんの吐息が、私の耳元に、何度も、当たって、私は、理性を失って、こなつさんのまんこに、中出ししました。

こなつさんのまんこに、私のザーメンが、吸い取られたと言った方が、的確かもしれません。

こなつさんとのセックスで、久々に、黒ギャルとの極上セックスが味わえて、私のむすこは、大満足でした。

本日、満喫した出会い系サイトはピーシーマックス(ピシマ)です。


PCMAX(ピシマ)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする