出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)アプリ体験談-浮気相手は人妻(しずく 29歳)


PCMAX(ピシマ)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)アプリ体験談です。

俺は、人妻大好きな41歳の男性です。

出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)には、いつもご厄介になってます。

俺は出会い系サイトを活用する時は、基本的には、人妻しか狙いません。

何故なら、俺は、人妻にしか関心が、ないからです。

出会い系サイトで、女性とセックスしたくて、若い女性ばかり、ターゲットにしてるユーザーは、正直言って多いです。

正直言って、若い女性は、ピチピチしてて良いと思います。

でも、俺から見たら、人妻以外の女性に、魅了されないのです。

俺は家族持ちですが、実は、家内に、1度だけ浮気を、された事があります。

始めは、1度だけとは言えど、俺は、家内にマジギレしました。

家内は、泣きながら謝っていましたが、念のために、俺は、長い時間を、かけて家内を許しました。

正直言って、入籍して夫婦生活が長くなれば、すれ違いやセックスレスの問題等も出てくると思います。

でも、俺は、仕事が忙しくて、自宅に帰れない時もあるので、家内には、浮気だけは、してほしくなかったと、強く思っていました。

でも、実際に家内は、浮気をしてしまいました。

夫婦生活って、相当困難だなと改めて思いました。

それに1回だけでも、浮気をされてしまうと、やっぱ、その後の夫婦生活が、ギクシャクします。

家内の浮気は、8ヶ月前に起きた事ですが、正直なところ、俺は、家内に、たくさん復讐したいなと思うことは、ありました。

目には目を、歯には歯を、みたいな感じです。

ある日、会社へ電車で通勤途中に、スマホでニュースを見ていたら、有名人の浮気問題のニュースがありました。

芸能人や有名人が、浮気すると色んな点で、難しそうだなと、まるで他人事のように思っていた俺です。

有名人の浮気問題のニュースを見ているうちに、俺は、正直驚いていました。

その日の仕事は終わり、電車に揺られながら、帰宅していた時に、浮気に興味を持ち始め、ちょっとだけならと、出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)に、俺は、ハイテンションで、登録してしまいました。

俺は、人妻物のAVを、家内に内緒でよく見た事があり、その時から、人妻に対しての好奇心と言いますか、人妻にエロスを、俺は感じていました。

ちょっと覗くだけならと、出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)で、人妻を調査したのです。

人妻を調査した結果、多くの人妻がズラッと、表記されて驚きました。

このくらい浮気したがっている人妻が、いるのです。

実は、俺の浮気していた家内も、この出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)で、浮気相手を募集していたのです。

家内は、色々な男性とメール交換をしていたようで、家内は、実際に会った男性は、1人だけと言ってましたが、若い男性から年上の男性まで、幅広い年代の男性とメール交換していた家内だから、家内が、浮気した相手は、多分、1人だけじゃないのではと俺は、思っていました。

それにしても、浮気したがっている、人妻のプロフィールを見ていたら、俺の欲望が、どんどん膨らんでいきました。

浮気した家内に、マジギレしていた俺が、他人の家内と浮気したいと思ったのです。

欲求を止めようと俺で俺に言い聞かせる俺です。

しかし、ついに欲求を止められず、俺は、ついに浮気への一歩を踏み出しました。

俺の浮気相手は、29歳のしずくさんです。

俺よりも12歳も年下の人妻です。

俺は、興奮が収まりませんでした。

それと同時に、もの凄い新鮮味を感じ、別世界に居るような感覚に、なりました。

家内もこんな感じだったのだろうかと思った俺です。

出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)で知り合った、しずくさんです。

ピーシーマックス(ピシマ)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(100ポイント/1ポイント=10円なので金額に換算すると1000円分です。)がプレゼントされます。

しずくさんも家内と同じセックスレスが理由で、浮気に走り出したそうです。

家内が居ないタイミングを狙い、しずくさんを俺の自宅へ連れて行きました。

俺の家内は、看護師だから、たまに、夜勤で、自宅を空けます。

この日の夜は、家内が、夜勤で居ない為、しずくさんと思う存分セックスが、出来ました。

しずくさんのご主人は、出張中で、かなり時間を持て余しています。

家内以外の女性の身体を、味わうの何年ぶりだろうか、家内との夫婦生活は、10年以上だから、10年以上ぶりに、家内以外の女性の身体を、味わった事になります。

しずくさんの綺麗な身体を見て、俺の欲求は、爆発しました。

しずくさんの頭にパンツをかぶらせて、変態仮面をやらせたりして、俺の欲求のままに、思う存分セックスを楽しみました。

家内以外の女性の身体に、ここまで興奮してしまうとは、家内の浮気にマジギレした俺が、とても情けなくなってしまいました。

しかし、俺の欲求は止まりません。

それどころか、俺の欲求は、どんどんエスカレートして行きました。

しずくさんの身体に、夢中になっていた俺に、しずくさんが、俺のむすこを、激しく求めてきました。

他人の家内に、激しくむすこを求められた俺は、しずくさんと合体して、激しいセックスを味わいました。

しずくさんのセックスに対する姿勢は、大胆で、羞恥心の無い、本能のままに、腰を振りました。

普段味わえないような、身体が震えるほどの快楽に、酔いしれるしずくさんです。

俺もしずくさんとのセックスで、強烈な快楽に襲われ、しずくさんのおっぱいに顔を埋めました。

快楽に堕ちた、しずくさんは、まんこもお尻もガグガクに震わせながら、何回も、絶頂を繰り返して、よだれを垂らしながら、止まらない性欲を、さらけ出していました。

浮気と言うスリルと快楽が、入り混じった危険な遊びです。

こんな体験を、俺の家内がしていたんだと思うと、俺は家内に対してや、浮気と言うものに対して、とても複雑な気持ちになってしまいました。

浮気は良くないと家内に激怒していた俺です。

その俺が、快楽の為に浮気に走ってしまいました。

これじゃ家内には、激怒した意味が無いです。

まさか、俺が、こんな形で浮気に走るとは、俺は、思っていませんでした。

そして俺は、浮気が癖になりそう、いや、浮気に興奮を、俺は、覚えてしまいました。

家内には本当に申し訳無いと、心の中で、俺は、家内に対して大反省しています。

浮気という禁断の果実に、手を出してしまった時から、しずくさんだけに止まらず、他の人妻とも浮気をしたいと強く願う、もう1人の俺が、そこに居ました。

浮気という欲望が強すぎた結果、俺まで、浮気に走ってしまいました。

しかし、俺が、浮気で、得たものは、快感と快楽です。

浮気相手とは、一緒になれないとわかっていながらも、互いの浮気セックスに対する欲求が強い為、普通のセックスよりも快楽が、増しました。

浮気セックスには言うまでもなく、理性なんてありません。

理性があったら、浮気なんかしません。

理性をコントロール出来ないのが、浮気だと俺は、思っています。

浮気には、快楽が付き物です。

この快楽が、人の理性を崩壊させます。

浮気という危ない遊びに、手を出してしまった俺は、もう家内の身体だけでは、満足出来なくなりました。

しずくさんとは、今でも、浮気関係は続いています。

家内は、俺が、浮気している事なんて知りません。

もし家内が、俺が、浮気をしている事を、知ったらと思うと、

ゾッとすると言うか、とても怖い気分になります。

俺の家内が、浮気に走ったのは、快楽の為でしょう。

俺は今、家内の浮気と同じ事をしているのです。

しずくさんも、俺も、お会いする度に、激しくお互いの身体を、求め合っています。

浮気からは、今のところ、俺は、抜けられません。

それは、しずくさんも一緒です。

理性を失って、快楽を求める、浮気という旨味を、覚えてしまったからです。

不謹慎かもしれませんが、浮気という危険な娯楽に、火が付いたら、快楽への欲求が、止まらなくなる可能性があるので、浮気を満喫するのは控えめにしてください。

本日、満喫した出会い系サイトはピーシーマックス(ピシマ)です。


PCMAX(ピシマ)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする