出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)アプリ体験談-童貞卒業させた奥さん(あいり 39歳)


ピシマ(PCマックス)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)アプリ体験談です。

25年間の童貞生活が、ついに終わりました。

学生時代は、好きな人に打ち明けてはフラれ、合コンに誘われて、何回か参加したものの、笑えるくらいに、フラれました。

フラれる理由を考えてみた私です。

私は、少々デブだから、それが原因かもと思いました。

私は、この日から痩せようと運動を始めました。

私は、登録した出会い系サイトのピーシーマックス(ピシマ)を、毎日、見ながら、運動と食事制限を続け、私の童貞卒業の相手を、探しました。

私は、まだ運動や食事制限を始めたばかりですが、気になる女性を見つけました。

39歳の奥さんです。

名前は、あいりさんで結婚して子供が、居る人妻です。

あいりさんは、綺麗な奥さんで、のんびりした性格で、優しい口調が、特徴の奥さんです。

私は、1発で、あいりさんに決めました。

あいりさんに決めた理由は、のんびりした性格で、優しい口調だからです。

実を言うと私は、何か知らないけど、同年代の女性には、フラれ続けるのに、30代後半~の女性には、何故か、結構モテるのです。

30代後半の女性にモテる理由は、私は、未だに分かりませんが、私には、奥さんにモテる、何か、オーラみたいなのがあるのだろうか?

あいりさんのプロフィールには、年下の男性の彼氏が、欲しいと書いてありました。

あいりさん以外の奥さん達のプロフィールも見ましたが、年下好きの奥さんが、結構、多い事に驚きました。

あいりさんに年下の男性のどこが良いのか聞いたら、可愛いところだそうです。

あいりさん以外の奥さん達にも、同じ質問してみたら、あいりさんと同じ言葉が返ってきました。

あいりさんみたいな奥さん達は、年下の男性を、可愛いと思ってる人が多いみたいです。

年下の男性を見ると、お世話したくなったりとか、母性本能を、くすぐるんだとあいりさんが言ってました。

私の童貞をあいりさんに捧げたいと思い、あいりさんとデートする事になりました。

ピーシーマックス(ピシマ)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(最大100ポイント/1ポイント=10円なので金額に換算すると1000円分です。)が貰えます。

私があいりさんとメルアド交換までに、やり取りしたメール回数は15回です。

童貞の私が、初めて女性とデートです。

しかも、相手は人妻です。

とても複雑な気分でしたが、それよりも早く、童貞を卒業したいと言う気持ちが強かったです。

女性との初めてのデートで、私は、緊張しました。

デート中は、ずっとあいりさんのペースです。

何か親子みたいな感じのデートでした。

あいりさんの方が、人生経験は豊富なので、私みたいな若造は、あいりさんにとっては、子供みたいなものだろうと思いました。

私が、お気に入りの飲食店で、あいりさんと食事した時も、お会計は、あいりさんが出してくれました。

私から、あいりさんを、デートにお誘いしたのに、あいりさんに、こんな形で、お世話になってしまい、とにかく、奢ってくれた事に、あいりさんに感謝しました。

私は、女性と初デートだから、デートプランなんて、何も、ありませんでした。

取り敢えず、食事をして、エッチしたいという、ザックリとした考えしか、ありませんでした。

私は、ラブホテルなんか、今まで、行った事が無いから、ラブホテルのシステムなんか、分かる筈がないです。

私は、思いきって、あいりさんを、家に誘ってみました。

あいりさんは、快くOKしてくれました。

この瞬間、私の心臓は、ドキドキしていました。

私が、住んでいる家は、少しボロいアパートです。

家賃が、安いからと言う理由で選んだわけですか、まさか、こんなボロアパートに、あいりさんを、連れてくる事になるとは思っていませんでした。

でも、あいりさんは、何も言わずに、私の家の中に入り、私とあいりさんは、暫く無言状態が続き、暫くして、あいりさんが、私の部屋の掃除を始めました。

あいりさんに、気を使わせまいと、私も、掃除を始めたのですが、あいりさんを見ていると、何だか、上京した大学生の息子の部屋を、掃除している、母親のように、見えてしまいました。

掃除中のあいりさんのお尻が、たまにドアップになり、私のむすこが、ムクムクと大きくなってしまいました。

私は、あいりさんのお尻を、後ろから、ジロジロ見ていたら、あいりさんが、後ろを、いきなり振り返って、目が合ってしまいました。

私が、あいりさんのお尻を、ジロジロ見ていたのが、あいりさんに、思いっきり、バレていました。

あいりさんは、少し驚いた表情をしていましたが、そのあいりさんの顔が、一瞬で、ニヤケ顔に変わりました。

明らかに、さっきまでのあいりさんとは、違う雰囲気になりました。

明らかに、私のむすこを、狙っている顔でした。

あいりさんにお会いする前に、私が、女性と付き合った事が、無いのは言っています。

私が、童貞であることは、あいりさんはそこで知っています。

あいりさんが、笑みを浮かべながら、私にすり寄ってきました。

あいりさんは、私に身体を、密着させると豹変し、童貞むすこに、優しく襲いかかる、あいりさんです。

あいりさんの行動は、早かったです。

ここから、あいりさんの私の童貞の筆下ろしが、始まりました。

あいりさんの優しいキスからディープキス、舌も絡ませてきて、私のむすこは、ギンギン状態です。

あいりさんのリードが続き、私のむすこを、丁寧に、一心不乱にフェラチオしてます。

あいりさんのフェラチオで、私の頭の中は、真っ白になり、あいりさんの唇の感触や舌の感触が、私のむすこを、ダイレクトに気持ち良くさせます。

あいりさんは、途中からバキュームフェラチオを始め、私は、堪らず、あいりさんの口の中に射精しました。

あいりさんのバキュームフェラチオが、もの凄すぎて、私は、足腰がガクンガクンしてしまいました。

あいりさんさの口の中は、私の精子がいっぱいです。

口の中いっぱいの私の精子を、全部飲み干すあいりさんです。

あいりさんは、もうエッチモード全開です。

あいりさんは、続けて私のむすこを、しゃぶり続け、不覚にも、私は、また勃起しました。

復活した私のむすこを見て、あいりさんが、また、笑みを浮かべました。

あいりさんは、俺の上に股がって、私のむすこを自ら挿入しました。

あいりさんは、ゆっくり上下に身体をピストンしました。

私のむすこが、あいりさんのまんこに、ゆっくり出し入れし、あいりさんから腰を使って、突いて頂戴と言われました。

初めてなので、あいりさんに、色々教えてもらいながら、あいりさんの言う通りに腰を動かしました。

私のむすこが、あいりさんのまんこを、激しく出入れし、あいりさんは、私の童貞むすこで、まさかの昇天です。

まさか、あいりさんが、私の童貞むすこで、イくとは、思っていませんでした。

あいりさんとのセックスは続き、段々と、腰の使い方が、慣れてきた私に、あいりさんが、中出しを、お願いしました。

あいりさんは、私の童貞むすこで、既に、理性を失っていました。

あいりさんのまんこを、突く度に、もの凄い喘ぎで、私は、もう我慢出来なくて、あいりさんのまんこに中出ししました。

私の精子が、あいりさんのまんこの奥まで流れ込んでいます。

あいりさんは、私にたっぷり中出しされて、笑みを浮かべて、うっとりしながら、私に抱き付いてきました。

その後、あいりさんとは、週に1~3回のペースで、お会いして、エッチしています。

あいりさんは、彼女ではありませんが、あいりさんのセフレとして付き合っています。

ただの童貞だった私が、今では、何と、あいりさんのセフレへと、飛躍的に、ランクアップしました。

あいりさんに童貞筆下ろしされた感想としては、『最高』の一言です。

この言葉に尽きます。

私の童貞筆下ろしの相手が、人妻でした。

本日、満喫した出会い系サイトはピーシーマックス(ピシマ)です。


ピシマ(PCマックス)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする