出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)体験談-エロメガネ事務員(ここな 25歳 ことは 27歳)


YYC(ワイワイシー)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)体験談です。

私は、メガネをかけてる女性が、大好きです。

メガネを使っている女性に知的さを感じ、併せて、知的な女性のセックスは、どうなんだろうか、普通のセックスなのか、激しいセックスなのか、私は、そこら辺が、もの凄く気になっていました。

私の家内は、メガネを、かけてないし、知的さもないです。

このような事を、言うと、家内に怒られてしまいます。

私が、勤めている会社には、数人メガネをかけた、独身の事務員や既婚の事務員が、いますが、やはり、堪らなくて、仕事中に、ムラムラします。

仕事の件で、メガネをかけた事務員と、よく会話しますが、やはり、メガネを、かけた知的な事務員と、エッチしたくて、仕事中に、メガネをかけた事務員との、エッチな妄想を、しすぎてしまう事が、近頃多く、このままでは、イカンと思って出会い系サイトの、YYC(ワイワイシー)に、初めて登録しました。

同じ会社に勤めるメガネを、かけた事務員に、セックスしようなんて言えないし、仮に、出来たとしても、その後に、肉体関係になり、仕事上で、何か問題が、起きたら、大変です。

だったら、出会い系サイトで、メガネをかけた事務員を、じっくり探すのが、一番安全だと思いました。

ただし、出会い系サイトで、見つけると言っても、メガネをかけた事務員を探すのは、確率的に低いです。

セックス出来るなら、メガネかけてない女性でも、良いのですが、やっぱり、メガネ事務員にこだわります。

メガネ事務員が、見つかる確率は、かなり低いと思うが、それでも、ちょっと、頑張って、探してみました。

様々、探したのですが、やっぱり、メガネ事務員は、中々、見つかりません。

本当は、普段から、メガネをかけている事務員が良いのですが、このまま、探し続けても、見つからないと思い、近所のお店で、買った、度が入っていない、安値のメガネを買いました。

度が入っていない2つのメガネを、2000円以内で購入しました。

既に、好みのタイプの女性を、2人見つけていたので、2人の女性達と同時進行でメールしました。

私が、LINEのID交換したのは、ここなさん(25歳)と、ことはさん(27歳)の2人の女性です。

YYC(ワイワイシー)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(350ポイント/1ポイント=1円なので金額に換算すると350円分です。)が貰えます。

私がここなさんとLINEのID交換までに、やり取りしたメールの回数は、3回です。

ここなさん(25歳)は、身長161cmのスレンダー体型で、網タイツが、良く似合う美脚の持ち主です。

ことはさん(27歳)は身長158cmで若干太めで、魅力たっぷりのデカ尻の持ち主です。

この2人の女性と同時進行で、メールしました。

まず、最初にお会いしたのが、ここなさんでした。

ここなさんは、おっとりとした性格で、私みたいなおっさんが、タイプだと言っていました。

ここなさんは25歳と若いのに、私みたいなおっさんが、好みと言われてしまうと私は、興奮を隠しきれないです。

ここなさんは、ラーメンが、大好きと言っていたので、ラーメンをここなさんと楽しみました。

ラーメンに、様々、トッピングして食べるここなさんです。

やっぱり、可愛いかったです。

ここなさんは、私の娘と同じ25歳ですから、余計に、可愛く見えるのかもしれません。

ここなさんと2人きりだから、ここなさんも、私と、これからどうするのか、分かっていたと思います。

私とセックスする気が、無いのであれば、私みたいなおっさんと、お会いしてくれるわけが無いです。

ここまで来て、セックス無しじゃ、流石に辛いし、時間の無駄になってしまいます。

私から自然な感じで、ゆっくり、ここなさんの手を握り、ここなさんも、私の手を、ゆっくり握り返してくれました。

ここまで来たら、もう、ラブホテルまで楽勝でした。

ラブホテルで、ここなさんにお会いする前に購入した、激安メガネを、ここなさんにかけさせたら、ここなさんが、知的な事務員に、大変身しました。

メガネをかけただけで、ここなさんの印象が変わりました。

メガネの威力は、素晴らしいくらいに、凄いです。

しかも、ここなさんの服装は、スーツと網タイツです。

余計に、セクシーエロメガネ事務員になりました。

ここなさんのセクシーさに、私のむすこは、本能むき出しに、勃起していました。

私の大きく膨らんだむすこを、ジっと見つめ、うっとりしながら、上目使いしながら、私のむすこを、たっぷり舐めるここなさんです。

ここなさんが、思ったより、フェラチオが上手くて、発射寸前まで、激しくしゃぶられました。

ここなさんのおっぱいやまんこを愛撫したら、ここなさんは、可愛い喘ぎ声を、上げながら、私のむすこを、おねだりして来ました。

ここなさんのまんこは、私の愛撫でスタンバイOKです。

ここなさんのまんこの奥まで、ズッポリ入れました。

まんこの奥まで、何度も、突く度に、ガクンガクン震え、そのまま勢い良く、潮吹きするここなさんです。

ここなさんは、バックや騎乗位でも、潮吹きをし、ここなさんは、どうやら潮吹きしやすい体質なのです。

最後は、ここなさんのリクエストで顔射しました。

メガネをかけてる、ここなさんの顔は、私のザーメンで、顔全体が汚れ、そんな姿のここなさんを、見て、私は、興奮してしまいました。

今では、ここなさんのまんこは、私のむすこの虜です。

2人目の女性のことはさん(27歳)はここなさんと、セックスした日から、約8日後に、お会いしました。

ことはさんは、ここなさんと違い良く喋る女性でした。

ことはさんとは、出勤する前にお会いしました。

午前中の用事が、思ってたより早く終わり、この日は、午後から出勤する事に、なっていたので、営業車で、外回りをしていた、ことはさんとお会いしました。

ことはさんは、営業車をコインパーキングに止めて、私の車の助手席に、乗せて、ご飯を食べに、行きました。

ことはさんも、ここなさんと、同じで独身の事務員です。

しかも、好きな男性のタイプが、ここなさんと一緒で、ことはさんも私みたいなおっさんが、タイプとの事です。

私みたいなおっさんが、若い女性に、結構モテるんだなと、改めて、実感しました。

ことはさんとの初デートの内容は、ここなさんとデートした時と、あまり内容は変わらず、そのまま、ラブホテルへ行くのも、ことはさんも、ここなさんと同じ感覚でした。

ここなさんと同様にことはさんにも、激安メガネを、かけさせて、知的な事務員に大変身です。

ことはさんは、ここなさんと違ってデカ尻が、凄いです。

ことはさんのデカ尻は、ただデカいだけじゃなく、肉厚で、敏感な性感帯なのです。

デカ尻を少し触っただけで、感じる、ことはさんです。

敏感なデカ尻を、何度も、強めに握ったら、ことはさんのまんこは、もう濡れてました。

ことはさんの口に、むすこを触れさせたら、ことはさんが、自分の物と、言わんばかりの、荒々しい、むしゃぶりフェラチオをしてきました。

ことはさんは、よだれを、床に垂らしながら、遮二無二、私のむすこを、しゃぶり、ことはさんは、もう周りが、目に入らない状態です。

ことはさんのフェラチオが、激しすぎて、私のむすこが、ふやけそうなくらいの勢いでした。

そろそろ良いかなと思って、ベッドに上がったら、同じくベッドに、上がった、ことはさんが、バックで、両手で、デカ尻を広げて、突き出し、まんこも丸見え状態で、私のむすこを、卑猥な口調で、おねだりしてきました。

ことはさんが、淫乱エロメガネに変貌し、私は、ことはさんの思い通りに、バックで突きました。

最初は、ゆっくり突きながら、デカ尻を平手打ちしました。

デカ尻を、平手打ちしたら、卑猥な喘ぎ声を上げ、デカ尻を、ビクンビクン痙攣させることはさんです。

ピストンスピードを、最高に上げて、突きまくると、ことはさんの喘ぎ声が、部屋内に響き渡りました。

私の家内も、喘ぎ声は、デカいんだけど、ことはさんの喘ぎ声は、私の家内よりもデカくて驚愕でした。

ことはさんのまんこは、ズブ濡れ状態で、ここなさんのまんこよりも、もの凄く濡れていました。

淫乱さや喘ぎ声も、ここなさんより凄くて、ことはさんとのセックスは、もの凄く気持ち良かったです。

最期は、ことはさんに、中出しのおねだりされ、中出しは、ちょっと、マズイと私は、思ったのですが、私が、イク瞬間に、ここなさんが、私の身体に、両手と両足を、絡ませて離れないように、抱き付いて来たので、私は、拒否出来ず、ことはさんのまんこの快楽に、負けてしまい、私はことはさんに、大量に中出ししました。

ことはさんは、セックスのスイッチが入ると、自分で、理性のコントロールが出来ないくらい、エッチな女に、なってしまうと言っていました。

ことはさんのまんこの中に、私の熱いザーメンが、たっぷり、注ぎ込まれて、ことはさんのまんこは、私の熱いザーメンが、溢れ出る程の満杯状態でした。

ことはさんが、ここまで、淫乱だとは思わなかったです。

ことはさんは、家内やここなさんを、凌駕する淫乱女です。

ここなさんとことはさんの2人の女性との、セックスは、最高の快楽でした。

本日、満喫した出会い系サイトはYYC(ワイワイシー)です。


YYC(ワイワイシー)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする