出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)体験談-貧乏人キャバ嬢(ことねさん 23歳)


YYC(ワイワイシー)(18禁)詳細はこちら

みなさん、こんにちわ。

出会い系アプリ体験談 カッチの出会い系サイト攻略法の管理人のカッチです。

知人の出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)体験談です。

不況のせいか、近頃のキャバ嬢って、お金がない人が、多いです。

私は、とある貧乏人キャバ嬢とめぐりあいました。

出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)です。

出会い系サイトのYYC(ワイワイシー)で、23歳のキャバ嬢のことねさんとめぐりあい、様々話していたら、金欠状態で、質素な食事生活をしているらしいです。

ご飯を、おごってやろうかと言ってみると、幸せそうに、返事してくれました。

YYC(ワイワイシー)では、初めて登録する方(新規登録者)は、登録時に無料ポイント(300ポイント/1ポイント=1円なので金額に換算すると300円分です。)がプレゼントされます。

私は、仕事が夜勤だから、昼間に、お会いするのは、ちょっとだけ、キツいので、休日の夜に、ことねさんと、お会いすることにしました。

金曜日の夜19時。

浦和駅の改札口で、ことねさんと初対面しました。

初対面の感想としては、ことねさんは、貧乏人に見えない美人です。

でも貧乏人です。

友人におごってもらったり、実家の親に、食べさせてもらったりしていて、かなりの貧乏人のようでした。

不況のせいか、客離れが、けっこう多いらしく、今まで、ことねさんについていた、お客達からは、ほとんど、連絡が、来なくなったみたいです。

お客が、付くか付かないかで、キャバ嬢の収入は、大きく変わります。

キャバ嬢が、よく行うセールスメールは、そんな訳があるそうです。

居酒屋で、ことねさんと、お酒を、グングン飲んだり食べたり、普段、質素な食事生活をしている、ことねさんにとっては、居酒屋の食事が、美食のように感じていました。

お腹一杯になったら、何だか、眠くなってきた、ことねさんです。

私も、少し眠くなってきたので、お酒の力もあり、普段は、無口な私は、普通に、ことねさんを、ラブホテルへ誘いました。

簡単に、OKしてくれた、ことねさんに、ちょっとだけ、私は、驚きましたが、私は、近頃、セックスして、いなかったので、ことねさんとのセックスは、凄く楽しみでした。

ラブホテルに到着後、ことねさんの身体が、かなり良く、見え、私のむすこの暴走が、止まらず、ことねさんのおっぱいに、私は、むしゃぶり付きました。

ことねさんのおっぱいは、柔らかくて、美味しかったです

ことねさんの喘ぎ声も、可愛いくて、ことねさんのまんこを、たっぷり、なめたくなった私です。

突然、ことねさんのまんこに挿入し、少し驚いた表情の、ことねさんです。

ことねさんの驚いた表情も、可愛いかったです。

ことねさんのまんこを、私の暴走むすこで、激しく突きました。

ことねさんは、おっぱいを揺らしながら、感じて、ベッドに、しがみつきながら、喘ぎました。

ピチピチの23歳のギャルの肉体は、最高です。

ことねさんには、まだ、フェラをしてもらっていないから、フィニッシュは、ことねさんに、フェラしてもらって、イカせてもらいました。

ことねさんは、口の中に、発射された私のザーメンを、綺麗に全部、飲んでくれました。

ザーメンを飲んでくれる女性って、凄く色っぽい見えます。

このまま、ことねさんと、セフレ関係になれたら、嬉しいです。

本日、満喫した出会い系サイトはYYC(ワイワイシー)です。


YYC(ワイワイシー)(18禁)詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする